七五三のお祝いをする時には家族写真を撮影しましょう

カメラマン

マタニティフォトを残す

妊婦

妊娠している時の姿を写真に残すことをマタニティフォトといいます。大阪に住んでいる多くの人がスタジオでマタニティフォトを撮影しています。自分の好みに合わせて撮影ができるのでとてもお勧めです。

Read More

プランを比較して選ぼう

撮影所

赤ちゃんが生まれた人は東京にある写真館で写真撮影をしましょう。プランによってフレームの数や撮影の内容が変わってくるので、事前に確認しておくと良いかもしれません。

Read More

予約に最適な時期

振袖の女性

成人式の前撮りは早めにしておくと、時間に余裕をもって当日を過ごすことができるでしょう。写真撮影に最適な時期は5月〜6月になっています。10月を過ぎると、予約が取りづらくなるので避けたほうが良いかもしれません。

Read More

ルールを知っておこう

男の子

子供が成長し、一人でなんでもできるようになってくる頃、七五三のお祝いがやってきます。七五三とは、子供の大切な行事の一つで、子供の成長の節目になる3歳、5歳、7歳にこれまでの成長を祝い、今後の健康を願う日本の行事です。お祝いする時には、基本知識が必要になるので、しっかり理解しておく必要があります。お参りの時期や、男の子と女の子でお祝いする年齢や地域による違いをしっかり理解しておくことが大切です。本来お参りは、11月15日に住んでいる地域の神社やお寺に参拝しますが、最近では日にちにこだわらず、10月中旬〜11月下旬でお祝いを行う家庭が増えてきました。参拝後は親族で食事をする家庭もありますが、記念写真を撮る家庭もあります。遠くの有名な神社を利用する人は、事前に前撮りやロケーション撮影のサービスを使い、当日余裕をもってお参りをする人もいます。神社によってはカメラマンが写真撮影の準備を行っているので、撮影して後日自宅に写真が届くシステムもとても便利になっています。七五三のお参りに適している日にちは11月の休日だといわれています。特にスタジオや写真館を利用して記念写真を撮りたい人は、前もってしておく必要がありでしょう。10月あたりは逆に前撮りが混雑する場合があるので避けたほうが良いかもしれません。七五三は数えの年でお祝いをします。もしわからない時にはネットを利用して簡単に調べることができるので安心です。当日の衣装を購入することもできますが、レンタルを利用して家族写真や記念写真にお金をかけるのもいい方法といえるでしょう。家族写真を撮影する場合、家族も衣装を利用する場合もあるため、それらも事前に確認しておくと良いでしょう。